2006年07月10日

最近思う。

人は生きてるのではなく、生かされている。
人は必要とされているから生かされている。

ここ数年このように感じて仕方ない。

そんな事を、昨日深夜の帰宅路を運転しながら考えていたのだが、
その考えの続きはこうだ。

もし俺がAさんを必要としてるとして、当然Aさんが困ってる時はなんらかの形で助ける。
それはAさんという存在が必要だからだ。
その時Aさん側から見れば、「生かされた」という事になる。

それと同時に、もうAさんはAさんだけのものではなくなっている。
生かされるという事は、投資してもらう様なものだ。

そしてこれが人間関係の基本なのだと思う。

人はまず親に生かされ、成長する過程で様々な人に生かされる。
たった一言励ましてもらっただけでも「まだ頑張らなきゃな」と思える。

一人の存在は、一人の物ではない。
そう考えると、限られた一生をどうのように過ごしたらよいのか
答えが見つかる気がする。
一つ一つの身の振る舞いにも、目的が見つかる。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔