2006年01月

2006年01月30日

新日・・・。1

さてさて新日の契約ですが、もう離脱ショックも一段落かと思いきや、
ヒロ斉藤選手、後藤達俊選手のベテラン二人、
リングアナウンサーケロちゃん。
さらに井上亘選手も保留となっている。

これはもう非常事態というか、、、だめでしょう。

強さを教えられる人。
奥深さを教えられる人。
そして将来を担う人がどんどんいなくなっている。

そして、ブラックキャットさん死去。

かつてUWFや、長州軍、武藤&小島などの退団ショックはあったけど、
ここまでひどいのは例がない。

そんな昨日、ノアのジュニア選手権をテレビで観たけど、
「あぁ、これは新日勝てないなぁ・・」という内容でした。

2006年01月26日

LiveDoorに関して

今テレビでワイドショーやニュース番組を観ると
必ずLivedoorの話題。

なのでそのお話でもしましょう。

堀江社長の本は数冊読んでいます。
その結果、尊敬できる部分と出来ない部分がある。
まだ裁判もしていないので有罪かどうかもわかりません。

ただ、一つだけ言いたいのは有罪無罪、関係なく
あの急成長を支えたのは、錬金術だけではない。

社員が汗水垂らして働いたからだ!

私の知人(友人と言いたいくらい)のLiveDoor社員は
私がこれまで出会ったきた人の中で、トップクラスな働きぶり。
心配になるくらい、身を削って働いている。

その彼の姿を見ていると、「いかさまのような急成長」的な
マスコミの表現に納得できない。

彼の仕事に対するひたむきさ、熱心さがあるかぎり
俺は応援していきたい。

成瀬選手も・・・・。1

新日の契約に関してですが、さらに西村選手、
そして成瀬選手が退団・・・。

やはり寂しいですねー、当時のチャンピオン田中稔選手に
挑戦を表明した成瀬選手の姿が忘れられないです。
その後も裏方で、新日の選手が総合に挑戦する際、
必ず練習につきあったり、
セコンドについていた功労者です。

ただ、成瀬選手は今後のご自身の夢に向かって
走って行かれると思いますし、
それを今後も応援して行きたいと思っています。

とりあえず、お疲れ様でした!

2006年01月20日

新日本長尾、吉江退団!1

荒れに荒れてる新日本プロレスの契約だが、
新日本で最も大きい男と、最も重い男が辞めた。

長尾は体は出来ていないが、その長身から将来を有望視されてる一人。
吉江はその体重もさることながら、明るいキャラクターで会場を沸かせていた。

ここ数年、新日本には期待を裏切られてばかりだが、
ここまで来ると怒りを寂しさが上回る。

今更ですが、PRIDE男祭り4

大晦日から結構経ってしまいましたが、
録っておいた全試合をやっと観たので感想をば。

まずメンバー的には凄かった!さすが男祭り!
でも、観戦し終えるとなんか物足りないような・・違うような。

なんでだろう・・と考えたら、日本人対決が多かったのが原因か。
大晦日で、普段格闘技を観ない人たちが、やはり応援するのは日本人選手。
そこで日本人対決は感情移入しづらい。

それとバネットは、秒殺するか思いっきりからかうか、
どちらかにすべきだったのに、中途半端だった。
まぁ、それは予想以上に金子賢が頑張ったとも言えるが。

ミルコは調子悪すぎ。
ハントが強いのはそうなのだが・・。

ヒョードルの相手いなさすぎ。


まぁ、、正直それだけPRIDEには期待してるので
贅沢な悩みばかりになってしまうのだが。

2006年01月16日

ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決3

2719fd8e.jpgダスティン・ホフマン、ジーン・ハックマン、ジョン・キューザックの共演が見所。
アメリカ得意の裁判をモチーフにしたものだが、陪審員を中心に描いているのは面白い。
ど派手なアクションやCGもなく、アメリカ映画にしては比較的地味な部類に入るが、
見て損はない映画。

欲を言えば、どんでん返しが、大どんでん返しだったらもっとよかったな。
dropkick1 at 14:43|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)映画 

2006年01月11日

フォーガットン3

f1253523.jpgこの映画の前半は面白いですよ!
非常にそそられる感じでワクワクします。

ところが途中から「あれれ???」という展開となり、
最後の方は「・・・」という感じです。
ミステリー映画からSF映画に・・・というか・・。

これはミステリーのまま進めた方が良かったんじゃないかなぁ。
もったいない映画ですね。
dropkick1 at 11:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)映画 

2006年01月02日

A HAPPY NEW YEAR !!

皆様、あけましておめでとうございます!

昨年は例年どおり、やりたい事の半分もできない年となってしまいました。
年を重ねる毎に、どんどん一年が短く感じてまいりますので、
今年こそガンガンいきます!!

皆様、暖かい目でお付き合いお願いいたします。

皆様にとって良い一年となりますように。

星になった少年(観てないけど)

数年前からHDレコーダーを使ってるのだが、
非常に気軽に録画と削除ができる。
これによりずいぶんといろんな番組を観るようになった。

で、なぜか録画してあった「志村動物園」を観たら、あの「星になった少年」の
ランディに、動物と会話ができる能力をもったジョイスという人があいにいくというのをやっていた。

この映画は観たことがないのだが、
象使いの少年と子象のふれあい、そしてその少年が亡くなるという知識だけがあった。

まず紹介VTRで哲夢少年の葬儀の時に、
ランディが哲夢少年を乗せた車から、どんなに引っ張っても離れようとしない映像(実映像)をみせられ、
これでもう俺の涙腺はノックアウト。
その後ランディは10日以上も厩舎に引きこもってしまったらしいです。

さてジョイスの出番。
哲夢少年が亡くなり13年経った今も、ランディは楽しかった時の事を忘れてないんだとか。
哲夢少年はランディに安らぎを与えてくれた存在らしい。
ジョイスが言った「子供の時辛い体験があったみたいです」
事実ランディは最初タイから来た時にサーカスに入ったらしい。そこでモノ同然に扱われていたのだ。
その後市原象の国に引き取られ、哲夢少年と出会った。
ランディにとって哲夢少年は違う動物だけど家族だったらしい。

そこで哲夢少年のパネル写真を13年ぶりにみせると。ランディは愛おしそうに鼻で何度も写真をなでる。
さらに、生前録音していた哲夢少年の声が入ったテープを聴かせると、
ランディは鼻で大切そうにラジカセを抱えてしまいそうに・・。

この時点で、スタジオの志村さんやベッキー泣く。

そして、調教の時に使う棒を用意した。
これは象に何かを命令する時に叩いて使うらしいのだが、哲夢少年は叩こうとせず、
いつもこの棒でランディをなでてくれたんだとか。

ランディにその棒をみせると、鼻で持って自分の体をなで始めた。
哲夢少年がしてくれたように、何度も何度も・・・何度も・・。

そして信じられない事に、ランディの瞳から涙があふれてきた・・。

ここでVTRが終わり、スタジオが映ったのだが、皆号泣で、誰も喋れず
山瀬まみが泣きながら「進められない・・・」と言って終わった。


いやぁ、元旦から凄いもん観ちゃいました。
俺は動物物に弱いんだよなぁ。。。
あまりに泣ける内容だったので、これはDVDに焼いて、休み明けにスタッフにみせようと思います。

しかし、内容も知らないで「象になった少年」なんていうTシャツを作ってしまった俺って・・・。
dropkick1 at 01:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)映画