2005年12月

2005年12月25日

ハッスルクリスマス4

d1c2469f.jpgハッスルハウス・クリスマススペシャルが行われましたね!
実はまだハッスルは生で見た事がないのですが、
非常に興味深い!!

はっきり言ってあれはアリです。
もし新日本や全日本がやってしまったら、それは引いてしまうかもしれない。
新興団体だからこそ出来る興行ですね。

プロレスの楽しみ方っていろいろあるけど、
やはり「闘いを楽しむ」所に行き着くわけです。
現時点で、それを一番理解できているのがハッスルだと思う。

2005年12月16日

金子賢、対戦相手決定!3

先日から話題となっている金子賢の対戦相手が決定しました。
な、なんと“クレイジーホース”・ベネット!!

ご存じない方がいらっしゃるかもしれませんが、
かなり強いです。
俺的には勝利する可能性を1%でも残すため、
打撃系か肉体派系だと思ってましたが、、やはり。

しかし、このバネットになったという事はPRIDE側を再評価できるのではと。
それまで総合無敗だった前田吉朗選手を1Rで壮絶KOした選手ですからね。
「試合には出すけど花を持たせる気はない」という事でしょう。

1分で終わる可能性を秘めております。
これは見逃せない。

2005年12月13日

金子賢が悪いわけじゃないが1

祭りだからなんでもありなのか。
タレントの金子賢氏が大晦日PRIDE男祭りへ参戦する事が決まった。

これは誰の為なのだろうか。

PRIDEの五味選手がどんなに凄い試合をしても、
一般的にはK-1の魔裟斗選手の知名度を超えられない。
けど、それでいい。
多少マニアックな部分があるからこそ、熱中できるのだ。

たしかに曙vsボビーはある程度視聴率を取るだろう。
でも、一時の視聴率はK-1側に任せておけばいい。
もうその場凌ぎのマッチメイクはいらない。
少なくともPRIDEは純粋な格闘技イベントとしてやってほしい。
それに、今回のサブタイトル「頂」だよ!

日本は武道の国。
日々頑張って練習してる、無名の若者はたくさんいるはずだ。
その子らを育て、業界の底上げをはかってほしい。

世界一の格闘技イベントであるPRIDEには、その役目があるんじゃないか。

2005年12月12日

マスクドコロッセオ試合結果4

いやぁ、、
しばらくこのブログをおろそかにしてしまった自分が許せない・・(笑)
というわけでして、これからはデザインも中身もリニューアルっす!
主に格闘技や映画について語っていきたいと思います。

そんな復活祭にふさわしい今回の日記は、12.2新宿FACEで行われた、
マスクドコロッセオデビュー戦についてです。
デビュー戦といってもこのコロッセオ、長年キックボクシングや
空手の修行を積んだ実力派。
ただの素人ではありません。

それも対戦相手がAV男優の加藤鷹&ランジェリー武藤という
ハンディキャップマッチ。
期待の大きさが伺えます。

で、試合ですが重い蹴りを主体とした攻撃は圧巻で、
ほぼ完勝。鷹のゴールドフィンガーも見事破壊!
デビュー戦という緊張もあったのか、100点満点ではなかったものの、
存在感は示せたと思います。

今回出すタイミングがなかったようですが、
謎の必殺技「R44」はいつ飛び出すのか、今後に注目です!


2005年12月02日

マスクド、、試合終了!

494d11b5.jpg先程、試合が終了いたしました!結果は後程です。